肉より魚を選んで高血圧防止

カプセルと葉と花

高血圧を予防する食事では、魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などのオメガ3系脂肪酸を摂取したほうが良いです。
高血圧の原因のひとつに、血液の粘性が高まってしまうということがあげられます。
肉の脂は固まりやすいですが、魚の油は固まりにくい性質があります。
高血圧に特に良いのは、青魚に多く含まれるEPAです。
EPAには、悪玉コレステロールを減らす、中性脂肪を減らす、生活習慣病の予防、などの効能があります。
高血圧に良いのは、血液をサラサラにして血栓ができるのを予防する効果です。
心筋梗塞や動脈硬化の予防にもつながります。
EPAが多いのは、イワシ、サンマ、サバ、マグロ、ブリ、ハマチ、などです。
イワシはEPAの含有量がトップクラスで、過去には安く買えましたが、最近では漁獲量の減少に伴い値段が上がっています。
EPAは旬の脂っこい魚の脂肪に多く含まれています。
ダイエット中の人は脂を落としたいかもしれませんが、それよりも煮魚にして汁ごと食べる方が効率的に摂取することができます。
ただし、高血圧の人は煮魚にして食べると塩分摂取量が多くなってしまうので、なるべく味付けは薄くして水煮感覚で食べるようにしましょう。
そこに生姜と減塩のポン酢などを入れると美味しく食べられます。
EPAには酸化しやすいという性質があるので、酸化を防ぐ効果のあるビタミンEやセサミンなどの抗酸化作用のある食べ物と合わせて食べると良いです。
ビタミンEはかぼちゃや赤ピーマン、セサミンは胡麻に多く含まれています。
肉もたまには良いですが、血液をサラサラにしたいのならば、なるべく魚を献立のメインにしていきましょう。

サイト内検索
最近の投稿
人気記事一覧
2
カプセルと葉と花

肉より魚を選んで高血圧防止

2019年05月14日

(13 Views)

3
カプセルのスプーンと葉
高血圧なら禁煙しましょう

2019年05月26日

(13 Views)