高血圧なら禁煙しましょう

カプセルのスプーンと葉

高血圧とは、みなさんご存知の通り血圧が上がる病気ですが、血圧には収縮期血圧と拡張期血圧があります。
収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上になると高血圧と診断されます。
特に、拡張期血圧が高いと臓器に血液を送るのにたくさんの血圧が必要であるという事になり、臓器不全に陥る場合があるので注意が必要です。
では、なぜ血圧が高くなってしまうのでしょうか。
そのメカニズムは様々ですが、食事、運動不足、喫煙、飲酒などの生活習慣や加齢、その他病気により血管が固くなってしまうことが原因の1つと言われています。
血管が固くなると、血液を臓器に送るのに、血管はたくさんの圧力をかけないといけません。
だから高血圧となってしまうのです。
もし、血圧が高いと言われていたら、タバコは絶対に辞めた方が良いです。
なぜなら、タバコには血管を固くする作用があり、動脈硬化へと導くからです。
さらに血流も悪くなるので高血圧が悪化してしまいます。
また、タバコには副腎を刺激して血圧を上げるホルモンを放出させる作用、交感神経を刺激して血圧を上げる作用もあり、高血圧へと導く因子がかなり揃っています。
そして、これは受動喫煙であっても同じ事が言えます。
また、タバコは高血圧だけでなく心疾患、脳血管疾患など様々な病気のリスクファクターとなります。
また、高血圧もこれらの病気に関連しますから、タバコと高血圧両方となるとかなりリスクが高まるのが想像できますよね。
心疾患、脳血管疾患などの病気になると、死に至る場合もありますし、助かったとしても後遺症なしに完全復帰するとこはなかなか難しいです。
寝たきりになって介護されたくなければ、今すぐにでも禁煙する事をお勧め致します。

サイト内検索
人気記事一覧
2
カプセルのスプーンと葉

高血圧なら禁煙しましょう

2019年05月26日

(14 Views)

3
カプセルと葉と花
肉より魚を選んで高血圧防止

2019年05月14日

(13 Views)